Top / 抗加齢医療のための活性酸素センサLSIの開発
抗加齢医療のための活性酸素センサLSIの開発

Last update on 2014-04-23 (水) 16:49:37 (1249d) | 編集 | 凍結 | 複製 | 名前変更 | 差分 | バックアップ | 添付

研究プロジェクト: 抗加齢医療のための活性酸素センサLSIの開発

活性酸素センサは、MeRLが特許を持つマイクロESR(電子スピン共鳴)技術により、生体の物質中の活性酸素を検出するためにLSI化したものです。

マイクロESRセンサは、物質中の電子の磁石としての性質を利用して、フリーラジカルと呼ばれる化学反応性を持った分子やイオンの種類と量を調べることができるセンサです。研究が成功すれば、例えば注射器に取り付けて、細胞や血液中の生物質や、生体中の活性酸素、過酸化脂肪などを調べることができるため、薬品の効果を追跡したり、疾病を早期検出することができます。

無線通信LSIで使用される高周波CMOS技術を応用して、従来は巨大な計測装置が必要だった測定がチップ上で行えるようになりました。昨年度は、最先端のCMOS 65nmテクノロジにより高周波回路部分のチップを試作しました。今年度は全計測システムの1チップ集積化に取り組みます。政府や民間企業からの資金援助を受けて行う社会的注目度の高い研究テーマです。

測定の様子(磁石の上で測定する)

measurement1.jpg

MeRLで開発した活性酸素センサLSIの高周波フロントエンド

p3070013sov3.jpg

添付ファイル: filemeasurement1.jpg 9890件 [詳細] filep3070013sov3.jpg 9823件 [詳細] filep3070013sov.jpg 4951件 [詳細] filep3070013sov2.jpg 4973件 [詳細] fileesr_pcb.jpg 5152件 [詳細] fileesr_chip.jpg 5166件 [詳細]