Top / 人工触覚毛LSIおよび触覚の2次元画像化技術の開発
人工触覚毛LSIおよび触覚の2次元画像化技術の開発

Last update on 2014-04-23 (水) 16:49:37 (1249d) | 編集 | 凍結 | 複製 | 名前変更 | 差分 | バックアップ | 添付

研究プロジェクト: 人工触覚毛LSIおよび触覚の2次元画像化技術の開発

触覚は、身体が感じる応力から対象物体の形状や動きによって生成される3次元空間情報です。既に、ロボットやマニュピレータに使用するためにいろいろな応力センサが開発されていますが、難しいのは空間情報をどうやって取得するかということです。センサが小型であること、電源と応力データが無線で伝送できることが必要になります。

この研究プロジェクトでは、1個のセンサで物体の運動を認識するために必要な6次元の応力情報を取得し、2次元の画像パターンとしてディジタル出力する触覚センサを開発します。このセンサを、人工皮膚に多数埋め込んで、精密な触覚を3次元立体画像として生成することが最終目標です。人間の触覚の最小限界を超え、風を感じることができる人工触覚を実現したいと考えています。

原理的には、人工触覚毛の動きを、微小変位センサの上に植毛してその動きを検出します。微小変位センサは、高周波LSI技術により、1um以下の微小な物体の動きを高精度に検出する技術で、MeRLの特許技術です。この研究プロジェクトでは、人工触覚毛の動きを捉えるのに最適な、微小変位センサの設計と試作からはじまり、人工触覚毛の作製、画像表示システムの開発までを行います。今年度から始める新しい研究テーマです。

MeRLで開発した微小変位センサLSI

P2240266S150.jpg

人工皮膚のイメージ(PPS社より拝借)

PPS1.jpg

添付ファイル: fileP2240266S150.jpg 9901件 [詳細] filePPS1.jpg 9884件 [詳細]