Top / 発表文献等
発表文献等

Last update on 2017-05-14 (日) 16:43:21 (69d) | 編集 | 凍結 | 複製 | 名前変更 | 差分 | バックアップ | 添付

2016年度

学術論文

  • Parenreng, J.M. and Kitagawa, A. (2017) A Model of Security Adaptation for Limited Resources in Wireless Sensor Network. Journal of Computer and Communications, 5, 10-23.

学会発表

  • Parenreng, J.M. and Kitagawa, A., A Model of Security Adaptation for Limited Resources in Wireless Sensor Network, The 4th Conference on Sensors and Networks (CSN 2017), 3-6, 2017.3.19(18-20), Xi'an, China.
  • 今村竜, 北川章夫, SRAM構造を用いた確率的A/D変換器, LSIとシステムのワークショップ2016, 東京大学生産技術研究所, 2016.5.16-17.
  • Jumadi Parenreng, Akio Kitagawa, Adaptability resource and security based workload system on wireless sensor network, LSIとシステムのワークショップ2016, 東京大学生産技術研究所, 2016.5.16-17.
  • 北川章夫, パラメトリックESRによる微量フリーラジカルセンサ, LSIとシステムのワークショップ2016, 東京大学生産技術研究所, 2016.5.16-17.

書籍

  • 北川章夫, LTspice電子回路シミュレータ, ISBN978-4-7775-1936-1, 工学社, 2016.2.

2015年度

学術論文

  • Arief SUDARMAJI and Akio KITAGAWA, Application of Temperature Modulation-SDP on MOS Gas Sensors: Capturing Soil Gaseous Profile for Discrimination of Soil under Different Nutrient Addition, Journal of Sensors, Vol. 2016 (2016), Article ID 1035902, 11 pages, March 2016. DOI 10.1155/2016/1035902

学会発表

  • 電子情報通信学会総合大会, 小松拓夢, 北川章夫, 遺伝的アルゴリズムによるスタンダードセル自動配置手法, C-12-35, 九州大学, 2016.3.17
  • 北川章夫, 端崎諄, 今村竜, 石黒健太, 社会インフラモニタリングのための高効率環境発電無線センサシステム, SENSOR EXPO JAPAN 2015, 東京ビッグサイト, 2015.9.16-18.
  • 藪見啓輔, 今村竜, 北川章夫, 確率的直並列型A/D変換器のアーキテクチャの考案及び設計法の提案, LSIとシステムのワークショップ2015, 北九州国際会議場, 2015.5.11-13.
  • 北川章夫, これからのシステムとアナログ回路(パネル), 第19回 アナログVLSIシンポジウム, 東京工業大学, 2015.4.24.

2014年度

学術論文

  • Arief SUDARMAJI and Akio KITAGAWA, Temperature Modulation with Specified Detection Point on Metal Oxide Semiconductor Gas Sensors for E-Nose Application, Sensors & Transducers, Vol.186, Issue 3, pp.93-103, March 2015.

学会発表

  • 今村竜, 藪見啓輔, 北川章夫, 確率的直並列型A/D変換器のアーキテクチャに関する研究, 2015年電子情報通信学会総合大会, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 2015.3.13
  • 端崎諄, 北川章夫, モニタリングシステムの電源部の開発, 2015年電子情報通信学会総合大会, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 2015.3.13

書籍

  • 廣瀬通孝, 北川章夫他, 感覚デバイス開発, エヌ・ティー・エス, 2014.11.

2013年度

学術論文

  • Kazuya Nakayama and Akio Kitagawa, Circuit Implementation, Operation, and Simulation of Multivalued Nonvolatile Static Random Access Memory Using a Resistivity Change Device, Active and Passive Electronic Components, Vol.2013, Article ID 839198, 9 pages, 2013.12
  • Mitsunori Ozaki, Satoshi Yagitani, Hirotsugu Kojima, Ken Takahashi, and Akio Kitagawa, Current-Sensitive CMOS Preamplifier for Investigating Space Plasma Waves by Magnetic Search Coils, IEEE Sensors Journal, Vol.14, No. 2, pp.421-429, 2014.2

学会発表

  • 真田圭,北川章夫,触知のための静電容量方式触覚センサの提案と性能評価,第30回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム,2013.11.6
  • 高田敬輔, 北川章夫, 「商品企画書+仮想カタログ」演習による創造性教育, 日本創造学会第35回研究大会論文集, 2013.10.26
  • Arief Sudarmaji, Akio Kitagawa and Junichi Akita, Design of Wireless Measurement of Soil Gases and Soil Environment Based on Programmable-System-On-Chip, The International Symposium on Agricultural and Biosystem Engineering (ISABE) 2013, No. E-5, 2013.8.28.

書籍

  • 椎尾一郎, 北川章夫他, 次世代ヒューマンインタフェース開発最前線, エヌ・ティー・エス, 2013.6.

2012年度

学術論文

  • Takaya Handa,1 Yuhei Yoshimoto,1 Kazuya Nakayama,2 and Akio Kitagawa, Novel Power Reduction Technique for ReRAM with Automatic Avoidance Circuit for Wasteful Overwrite, Active and Passive Electronic Components, Vol.2012, Article ID 181395, 11 pages, 2012.4
  • 和田智晃, 秋田純一, 北川章夫, 昆虫音声を用いたスマートフォンで投稿可能な環境モニタリングシステム-Chu-lingual, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.3, pp.1017-1021, 2012.3.

学会発表

  • 伊部泰貴, 中山和也, 北川章夫, 電圧センスアンプを用いたReRAMの多値化のための読み出し・書き込み回路, 信学技報, vol. 112, no. 425, ICD2012-126, pp. 45-49, 2013.2.1.
  • 河合一樹, 北川章夫, ラジカルセンサの提案と回路実装に関する検討, 電気学会、マイクロマシン・センサシステム研究会2012, pp.83-86, 2012.6.

学会賞

  • 電子情報通信学会集積回路研究会優秀若手講演賞(RF-CMOS技術を用いたラジカルセンサLSIの開発:木村俊介, 北川章夫, 秋田純一)

2011年度

学術論文

  • Takaya Handa, Yuhei Yoshimoto, Kazuya Nakayama and Akio Kitagawa, Novel power reduction technique for ReRAM with automatic avoidance circuit for wasteful overwrite, Active and Passive Electronic Components, Vol. 2012, Article ID 181395, 2012.4.
  • 和田智晃, 秋田純一, 北川章夫, 昆虫音声を用いたスマートフォンで投稿可能な環境モニタリングシステム〜Chu-lingual〜, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.3, pp.1017-1021, 2012.3.
  • T. Toba and A. Kitagawa, Wireless Moisture Sensor Using a Micro-strip Antenna, Journal of Sensors, Vol. 2011, Article ID 827969, 2011.12.
  • 岩淵勇樹, 秋田純一, 北川章夫, 閉曲線を利用した音色の操作法, 芸術科学会論文誌, Vol.10, No.3, pp.157-166, 2011.9.
  • Akio Kitagawa, Electron Spin Resonance Measurement with Microinductor on Chip, Journal of Sensors, Vol. 2011, Article ID 813636, 2011.7.
  • Akio Kitagawa, Design and Characterization of Nano-Displacement Sensor with High-Frequency Oscillators, Journal of Sensors, Vol. 2011, Article ID 360173, 2011.6.

学会発表

  • 半田貴也, 中山和也, 北川章夫, 秋田純一, "ReRAMの多重書き込み自動回避回路を用いた消費電力削減技術", 信学技報, vol.111, no.188, ICD2011-48, pp.53-57, 2011.8.
  • 木村俊介,北川章夫,秋田純一,"RF-CMOS技術を用いたラジカルセンサLSIの開発-ESR検出回路の感度解析-", 信学技報, vol.111, no.151, ICD2011-24, pp.31-35,2011.7.
  • J.Akita, Y.Maeda, A.Kitagawa, Design and Preliminary Evaluation of CMOS Image Sensor with Pseudorandom Pixel Placement, Proc. of 2011 International Image Sensor Workshop, pp.118-121, 2011.6.
  • 河合一樹, 北川章夫, 秋田純一, "ラジカルセンサLSIの高感度化の研究", LSIとシステムのワークショップ2011, pp.251-253, 2011.5.
  • 水井彩香, 北川章夫,「ピンホールによる分光を利用したスペクトラム分析イメージセンサ」,映像情報メディア学会報告,Vol.35, No.19, pp.41-43, 2011.5
  • 中村優希, 川崎基輝, 秋田純一, 小松孝徳, "動画像における擬似的不規則画素配置によるジャギー解消効果の評価", 映像情報メディア学会技術報告, Vol.36, No.13, pp.33-36, 2012.3
  • 北川章夫, "センサLSIの開発動向", 電気学会、次世代センサ協議会合同センサ研究会, J-H006, pp.3-9, 2011.12

2010年度

学術論文

  • Ji Cui, Junichi Akita, and Akio Kitagawa, A rectifier structure for UHF RFID transponder with high efficiency, IEICE Electronics Express, Vol.7, No.14, pp.1086-1090, 2010.7.

学会発表

  • 和田智晃, 上坂洋紀, 小松原宏識, 河合一樹, 中谷優志, 今村勇斗, 江崎慎一郎, 秋田純一, ゆるナビ: 腕時計型の提示デバイスを用いた自由度の高い観光向けナビゲーションシステム, インタラクション2011論文集, pp.661-664, 2011.3.
  • 上坂洋紀, 秋田純一, 北川章夫, 美馬義亮, スポコン: 狙う動作によって機器選択を行うリモートコントローラ, インタラクション2011論文集, pp.729-732, 2011.3.
  • 和田智晃, 秋田純一, 北川章夫, 昆虫音声を用いたスマートフォンで投稿可能な環境モニタリングシステム〜Chu-lingual〜, エンタテインメントコンピューティング2010予稿集(USBメモリ), No.16, 2010.9.
    • エンタテインメントコンピューティング2010論文賞受賞
  • 上坂洋紀, 秋田純一, 北川章夫, 美馬義亮, スポコン: 狙う動作によって機器選択を行うリモートコントローラ, エンタテインメントコンピューティング2010予稿集(USBメモリ), No.43, 2010.9.
  • Ji Cui, Junichi Akita and Akio Kitagawa: A Novel Rectifier Architecture for UHF RFID Transponder, 2010 International Conference on Solid State Devices and Materials, P-5-13, 2010.9.
  • Suguru Kawabata, Mitsuru Nakura, Shinobu Yamazaki,Takahiro Shibuya, Yushi Inoue, Junya Onishi, Yoshiaki Tabuchi, Yukio Tamai, Yoshifumi Yaoi, Kazuya Ishihara, Yoshiji Ohta, Hisashi Shima, Hiro Akinaga, Natsuki Fukuda, Hidenao Kurihara, Yoshiaki Yoshida, Yutaka Kokaze, Yutaka Nishioka, Koukou Suu, Kazuya Nakayama, Akio Kitagawa, Shigeo Ohnishi, Nobuyoshi Awaya: CoOx?-RRAM Memory Cell Technology using Recess Structure for 128Kbits Memory Array, 2010 IEEE International Memory Workshop, D.O.I. 10.1109/IMW.2010.5488319, 2010.5.
  • 飴山剛史, 秋田純一, 北川章夫, 中村裕一, 近藤一晃, 戸田真志, 櫻沢繁, 「導電性衣服上の小振幅電力重畳通信トランシーバの基礎的検討」, LSIとシステムのワークショップ2010, pp.288-290, 2010.5.
  • 吉本裕平, 北川章夫, 中山和也, 秋田純一, 「抵抗変化型メモリ(RRAM)のVerilog-Aによるモデリング」, LSIとシステムのワークショップ2011, pp.218-220, 2010.5.
  • 崔冀, 北川章夫, 秋田純一, 「介護支援のためのパッシブ型温度センサタグ技術に関する研究」, LSIとシステムのワークショップ2011, pp.291-293, 2010.5.
    • 2010 IEICE-ICD Student Poster Award 受賞
  • 秋田純一, 前田唯, 北川章夫, 「擬似的に不規則な画素配置を持つCMOSイメージセンサの試作と基礎的な評価」, LSIとシステムのワークショップ2013, pp.297-299, 2010.5.
  • 北川章夫, 秋田純一, 「RF-CMOSテクノロジを用いた非接触ラジカルセンサ」, LSIとシステムのワークショップ2010, pp.294-296, 2010.5.
  • Yuuki IWABUCHI, Junichi AKITA, "Properties of “Planar Binary (Butchi Number)”," Unconventional Computation (UC), 2010.6.
  • 木村俊介・秋田純一・北川章夫, 「RF-CMOS技術を用いたラジカルセンサLSIの開発」電子情報通信学会2011年総合大会情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション予稿集,pp.27,2011.3
  • 深田拓・北川章夫・秋田純一, 「人工触覚センサのための新しい構造の提案と検証」, 電子情報通信学会2011年度総合大会情報・システムソサイエティ特別企画学生ポスターセッション予稿集,pp.28,2011.3

2009年度

学術論文

  • J.Akita, T.Komatsu, K.Ito, T.Ono, M.Okamoto, CyARM: Haptic Sensing Device for Spatial Localization on Basis of Exploration by Arms, Advances in Human-Computer Interaction, Vol.2009, Article ID 901707, 2009.
  • 秋田純一・前田唯, 擬似的な不規則画素配置を持つCMOSイメージセンサの試作と基礎的評価, 映像情報メディア学会誌, Vol.64, No.3, pp.413-415, 2010.3.

学会発表

  • Y.Maeda and J Akita,"A CMOS Image Sensor with Pseudorandom Pixel Placement for Clear Imaging",International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems,pp.38,2009.12
  • A. Kitagawa and K. Nakayama, "Phase change nonvolatile SRAM and register", Proceedings of the 21th symposium on Phase Change Optical Information Strage, pp.33-36, 2009.11(招待講演)
  • 前田唯・秋田純一,「擬似的不規則画素配置によるジャギー解消効果の評価指標」映像情報メディア学会技術報告, Vol.33, No.23, pp.9-12, 2009.6
  • 北川章夫, 「RF-CMOS技術のセンサへの展開」映像情報メディア学会技術報告, Vol.33, No.23, pp.37-44, 2009.6(招待講演)
  • 北川章夫・中山和也, 「PRAM技術との機能融合」応用物理学会学術講演会講演予稿集, No.0, pp.54-54. 1009.9(招待講演)

2008年度

学術論文

  • J.Akita, CMOS image sensor with pseudorandom pixel placement, IEICE Electronics Express, Vol.5, No.10, pp.388-393, 2008.
  • T.Murakami, J.Akita, M.Toda, Power Line Communication Transceiver on Conductive Wear for Wearable Computing, International Transactions on Systems Science and Applications, Vol. 4, No. 3, pp. 287-291, 2008.10.

学会発表

  • 宮澤哲矢・野手翔太・秋田純一, 「オプティカルフロー演算機能をもつ列並列処理構成Vision Chip」映像情報メディア学会技術報告, Vol.32, No.26, pp.1-4, 2008.6.
  • 野手翔太・堂前圭祐・秋田純一, 高速カメラとFPGAを用いた汎用列並列処理構成Vision Chipエミュレータ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.32, No.57, pp.33-36, 2008.12.
  • 前田唯・岩淵勇樹・秋田純一, 空間スペクトルを用いたジャギー評価に関する一考察〜擬似的不規則画素配置によるジャギーの解消効果〜, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.32, No.57, pp.29-32, 2008.12.
  • 秋田純一・森脇 裕之, Guerrilla Display: 汎用大型LEDディスプレイ構築システムの設計と実装, エンタテインメントコンピューティング2008予稿集, pp.73-76, 2008.10.
  • 戸田真志・秋田純一・大江瑞子, 導電性布素材を用いた「着るピアノ」の実現, エンタテインメントコンピューティング2008予稿集, pp.131-134, 2008.10.
  • 岩淵勇樹・秋田純一・北川章夫, 閉曲線図形に基づいた音色生成方法の検討, エンタテインメントコンピューティング2008予稿集, pp.143-146, 2008.10.
  • 国田美穂子・櫻沢繁・秋田純一・戸田真志・中村 裕一, 筋活動の可視化にむけたEMG-光変換モジュール“EMG-Light”の開発, エンタテインメントコンピューティング2008予稿集, pp.135-136, 2008.10.
  • 千田光・秋田純一, 「光の迷路」:インタラクティブ性とプログラマブル性を備える電子工作キット, インタラクション2009論文集, C04(CD-ROM), 2009.3.

学会賞

  • エンタテインメントコンピューティング2008 芸術科学会 優秀論文賞(「Guerrilla Display: 汎用大型LEDディスプレイ構築システムの設計と実装:秋田 純一・森脇 裕之)

書籍

  • 和保孝夫, 佐々木公洋, 北川章夫他, 基礎からの半導体デバイス, 日新出版, 2008.4.
  • 上田弘孝, 北川章夫他, 最新 携帯電話技術全集, 技術情報協会, 2008.5

2007年度

学術論文

  • K. Nakayama, M. Takata, T. Kasai, A. Kitagawa, J. Akita, Pulse number control of electrical resistance for multi-level storage based on phase change, J. Physics D, Vol.40, pp.5061-5065, 2007.10
  • J.Akita, H.Takagi, K.Doumae, A.Kitagawa, M.Toda, T.Nagasaki, T.Kawashima, Column-Parallel Vision Chip Architecture for High-Resolution Line-of-Sight Detection Including Saccade, IEICE Trans. on Electronics, Vol.E90-C, No.10, pp.1869-1875, 2007.10.
  • J.Akita, T.Shinmura, S.Sakurazawa, K.Yanagihara, M.Kunita, M.Toda, K.Iwata, Wearable Electromyography Measurement System using Cable Free Network System on Conductive Fabric, Artificial Intelligence in Medicine, Vol.42 No.2, pp.99-108, 2008.2.
  • 新村達・秋田純一・櫻沢繁・戸田真志, 導電性衣服を用いた高精度・多チャンネル筋電位測定システム, 情報処理学会誌, Vol.48, No.12, pp.3784-3792, 2007.12.

学会発表

  • 堂前圭祐・北川章夫・秋田純一, 「急速眼球運動対応の視線検出機能を持つ列並列処理構成高解像度Vision Chipの設計」映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.28, pp.13-16, 2007.6.
  • 秋田純一, 「擬似的な不規則画素配置を持つCMOSイメージセンサ」映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.28, pp.37-40, 2007.6.
  • 野手翔太・秋田純一・北川章夫, 「マイクロ電子スピン共鳴センサの基礎検討」映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.28, pp.13-16, 2007.6.
  • 狩野孝太・中野伸吾・秋田純一・北川章夫, 「生体モニタリング向けパッシブ型センサタグの要素回路」電子情報通信学会技術報告, Vol.107, No.163, ICD2007-51, pp.83-88 2007
  • 牧野良成・藤枝茂・早瀬佳・秋田純一・北川章夫, 「マルチユーザMIMO向け特定小電力無線通信LSIの送信部の開発」電子情報通信学会技術報告, Vol.107, No.163, ICD2007-61, pp.141-146 2007
  • 秋田純一・村上知倫・戸田真志, 「ウェアラブルコンピュータ向けの導電性衣服上の電力重畳通信回路」電子情報通信学会技術報告, Vol.107, No.163, ICD2007-64, pp.159-164 2007
  • 岩淵勇樹・秋田純一, 「非周期的な画素配置を持つCMOSイメージセンサの基礎検討」電子情報通信学会技術報告, Vol.107, No.163, ICD2007-65, pp.165-170 2007
  • 米田智弘・秋田純一, 「擬似的不規則画素配置をもつ撮像素子の空間的サンプリング特性」映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.60, IST2007-113, pp.53-56 2007

その他

  • 戸田真志・秋田純一・櫻沢繁・岩田州夫, 導電性衣服を用いたウェアラブルネットワークとその可能性, MATERIAL STAGE, Vol.7, No.9, pp.96-101, 2007.12.
  • 戸田真志・秋田純一・櫻沢繁・岩田州夫, TextileNet?:導電性衣服を用いたウェアラブルネットワークシステム, 繊維機械学会誌, Vol.60, No.3, pp.12-17, 2007.03.

2006年度

学術論文

  • 秋田純一・谷越大峰・北川章夫, 疑似的な不規則画素配置をもつ方向特異性のない撮像・表示素子構成の基礎検討, 映像情報メディア学会誌, Vol.60, No.7, pp.1068--1071, 2006.7.
  • J.Akita, H.Takagi, T.Nagasaki, M.TOda, T.Kawashima, A.Kitagawa, Vision Chip Architecture for Detecting Line of Sight Including Saccade, IEICE Transactions on Electronics, Vol.E89-C, No.11, pp.1605-1611, 2006.11.
  • 秋田純一・新村達・村上知倫・戸田真志, 空間配置自由度が高いウェアラブルコンピュータ向けネットワークシステム, 情報処理学会論文誌, Vo.47, No.12, pp.3402-3413, 2006.12.
  • J.Akita, T.Shinmura, T.Murakami, M.Yao, M.Toda, TextileNet?: Flexible Network Infrastructure for Wearable Computing Using Conductive Fabric, International Transactions on Systems Science and Applications, Vol.1, No.2, pp.201--205, 2006.12.

学会発表

  • Masashi Takata, Kazuya Nakayama, Takatomi Izumi, Toru Shinmura, Junivhi Akita, and Akio Kitagawa, Nonvolatile SRAM based on Phase Change, The 21st IEEE NVSMW(Non-Volatile Semiconductor Memory Workshop), pp.95-96, 2006.2.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 新村達, 北川章夫, “相変化メモリを利用した不揮発性SRAMアーキテクチャの研究” IEICE 集積回路研究会(ICD), Vol.106, No.2, pp.49-54, 2006.4.
  • 高木宏章・秋田純一, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つVision Chipの試作と評価, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.30, No.32, pp.17--20, 2006.6.
  • 谷越大峰・秋田純一, 不規則画素配置を持つ撮像表示素子の検討, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.30, No.32, pp.21--24, 2006.6.
  • 金子康隆・北川章夫・秋田純一, 中間表示向けの微小画素マイクロディスプレイ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.30, No.33, pp.9--12, 2006.6.
  • 秋田純一・谷越大峰・北川章夫, 疑似的な不規則画素配置をもつ方向特異性のない撮像・表示素子構成の基礎検討, 映像情報メディア学会誌, Vol.60, No.7, pp.1068--1071, 2006.7.
  • T.Ono, T.Komatsu, J.Akita, K.Ito, M.Okamoto, CyARM: Interactive Device for Environment Recognition and Joint Haptic Attention Using Non-visual Modality, Proceedings of 10th International Conference on Computers Helping People with Special Needs (ICCHP 2006), K. Miesenberger et al. (Eds.), LNCS 4061, pp. 1251-1258, 2006.7.
  • 牧野良成・秋田純一・北川章夫, 特定小電力無線通信用IC におけるFractional-N 型PLL のためのΔΣ変調器の開発, 平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会, D-5, 2006.9.
  • 矢尾真理子・村上知倫・秋田純一・北川章夫, 導電性衣服を用いたウェアラブルネットワークにおける輻輳制御機構の検討と実装, 平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会, C-28, 2006.9.
  • 高田雅史, "回路設計,その後の設計事例", VDEC LSIデザイナーフォーラム2006, 2006.9.
  • J.Akita, T.Shinmura, T.Murakam, M.Yao, M.Toda, Flexible Network System for Wearable Computing Using Conductive Fabric, Proceedings of 2006 International Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT'06), 3-3, 2006.5.
  • J.Akita, T.Shinmura, T.Murakami, M.Yao, M.Toda, Flexible Network Infrastructure for Wearable Computing Using Conductive Fabric and Its Evaluation, The 6th Int. Workshop. on Smart Appliances and Wearable Computing, in Conjection with The 26th Int. Conf. on Distributed Computing Systems (ICDCS2006) (CD-ROM), 2006.7.
  • M.Toda, J.Akita, S.Sakurazawa, K.Yanagihara, M.Kunita, K.Iwata, Wearable Biomedical Monitoring System Using TextileNet?, Proceedings of ISWC2006, pp.119-120, 2006.10.
  • 秋田純一・高木宏章・堂前圭祐・戸田真志・長崎健・川嶋稔夫, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つ列並列構成高解像度Vision Chipアーキテクチャ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.31, No.3, pp.9-12, 2007.1.

その他

  • 北川章夫、中山和也、高田雅史, 特集 大容量化が進むストレージ技術 -次世代半導体メモリ-, 電子情報通信学会誌, Vol.89, No.11, pp.982-987, 2006.11.

2005年度

学術論文

  • 秋田純一・伊藤精英・小野哲雄・岡本誠, CyARM: 非視覚モダリティによる空間認識装置, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.7, pp.1693--1700, 2005.7.

学会発表

  • K.Ito, M.Okamoto, J.Akita, T.Ono, I.Gyobu, T.Takagi, T.Hoshi and Y.Mishima, CyARM: an Alternative Aid Device for Blind Persons, Proceedings of Conf. on Human Factors in Computing Systems 2005 (CHI2005), P-36, 2005.4.
  • J.Akita, H.Takagi, T.Nagasaki. M.Toda, T.Kawashima, A.Kitagawa, Vision Chip Architecture for Saccade Tracking, Proceedings of 2005 IEEE Workshop on Charge-Coupled Devices and Advanced Image Sensors, P23, pp.133-136, 2005.6.
  • 高木宏章・秋田純一, 急速眼球運動対応の視線検出機能をもつVisionChip?アーキテクチャ, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.29, Vo.34, IST2005-30, pp.17-20, 2005.6.
  • 中江智、北川章夫、秋田純一, 微小物体可視化センサLSIの設計, 映像情報メディア学会技術報告, Vol.129, No.34, pp.12-16, 2005.6.
  • M.Toda, J.Akita, K.Iwata, Flexible Network System for Ubiquitous Computing Using Fabric Material, Proc. of Korea-Japan Joint Workshop on Ubiquitous Computing & Networking System 2005(情報処理学会研究報告), 2005.6.
  • 高田 雅史, 伊藤 久浩, 中野 伸吾, 秋田 純一, 北川 章夫, 北川・秋田研究室における設計事例, 2005年VDEC LSIデザイナーフォーラム, 2005.8.
  • J.Akita, K.Ito, T.Komatsu, T.Ono, M.Okamoto, CyARM: Direct Perception Device by Dynamic Touch, Proceedings of 13th Int. Conf. on Perception and Action(ICPA), H.Heft&K.L.Marsh(Eds.), Studies in Perception & Action VIII, pp.87-90, 2005.7.
  • 秋田純一・伊藤精英・小野哲雄・岡本誠, CyARM: 非視覚モダリティによる空間認識装置, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.7, pp.1693--1700, 2005.7.
  • 泉貴富, 高田雅史, 中山和也, 秋田純一, 北川章夫, ”相変化不揮発性メモリの多値化に関する研究” IEICE電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.8.
  • 新村達, 北川章夫, 中山和也, 高田雅史, “相変化メモリを用いた不揮発性SRAMメモリセルの研究” IEICE電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.8.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 新村達, 北川章夫, “相変化メモリを利用した不揮発性SRAMアーキテクチャの研究” IEICE電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.8.
  • 高木宏章 秋田純一 北川章夫, 急速眼球運動対応の視線検出機能を持つVision Chipアーキテクチャ, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 中野智崇 朴虎崗 秋田純一 船田哲男 北川章夫, 音声認識LSIの音声認識部の開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 村上知倫 北川章夫 秋田純一, 特定小電力無線規格用無線モジュールにおけるディジタル信号処理部の開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 早瀬佳 北川章夫 秋田純一, 特定小電力無線通信IC用PGA(Programable Gain Amplifier)の開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 中野伸吾 北川章夫 秋田純一, 特定小電力無線通信IC用ΔΣ変調器の開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 伊藤久浩 北川章夫 秋田純一, 特定小電力無線通信IC用オンチップVCO(Voltage Controlled Oscillator)の開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 中江智 北川章夫 秋田純一, 微小物体可視化センサLSIの設計, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 朴虎崗 中野智崇 秋田純一 船田哲男 北川章夫, 携帯型音声認識システムにおけるFTTSS特徴量抽出のLSIーIP開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2005.9.
  • 伊藤精英・岡本誠・秋田純一・小松孝徳, CyARM-触覚による環境探索支援装置の開発とその応用の可能性-, 日本特殊教育学会第43回大会, P3-20,2005.9.
  • 伊藤 久浩, 早瀬 佳, 北川 章夫, MIMOを用いたワイアレスセンサーネットワーク構築, IEICE研究会, Vol.105, No.356, pp.115-120, 2005.10.
  • 戸田真志, 秋田純一, 中野義勝, 森山徹, 木村健一, 定点カメラを用いたサンゴ成長過程の長時間モニタリング, 日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集, pp.78, 2005.11.
  • M.Okamoto, J.Akita, K.Ito, T.Ono, See it by Hand - CyARM, Proceedings of 2nd International Conference on Enactive Interfaces (Enactive05), 2005.11.
  • Masashi Takata, Kazuya Nakayama, Takatomi Izumi, Toru Shinmura, and Akio Kitagawa, "Nonvolatile SRAM based on Phase Change," The 17th Symposium on Phase Change Optical Storage, memory and Beyond, pp.83-88, 2005.11.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 新村達, 北川章夫, "相変化メモリを利用した不揮発性メモリアーキテクチャ", 第9回システムLSIワークショップ, pp.271-274, 2005.12.
  • 中野伸吾,伊藤久浩,早瀬佳,村上知倫,秋田純一,北川章夫, 特定小電力無線通信LSIの開発, 第9回システムLSIワークショップ, pp.267-270, 2005.11.
  • T.Komatsu, T.Ono, J.Akita, K.Ito and M.Okamoto, See it by Hand -- CyARM: Enhancing interaction ability without using visual information, Proceedings of 3rd Int. Conf. on Computational Intelligence, Robotics and Autonomous Systems (CIRAS2005), SS4B-2 (CD-ROM), 2005.12.
  • 泉貴富, 高田雅史, 中山和也, 北川章夫, “相変化不揮発性メモリの多値記録方式と回路構成”, IEICE VLD研究会, Vol.105, No.513, pp.37-42, 2005.12.
  • 中野智崇, 朴虎崗, 船田哲男, 北川 章夫, FTTSSに基づいた音声認識LSIの開発, IEICE VLD研究会, Vol.105, No.513, pp.7-12, 2006.1.
  • 中山和也, 高田雅史, 泉貴富, “不揮発性メモリの現状と将来” 第123回結応用物理学会結晶工学分科会研究会, 2005.
  • 新村達・村上知倫・秋田純一・戸田真志, 給電機能をもつネットワークシステム向け導電性衣服の電気的特性の評価, 情報処理学会研究報告, 2006-UBI-10(42), pp.245-249, 2006.2.
  • 村上知倫・矢尾真理子・秋田純一・戸田真志, 導電性衣服を用いた給電機能をもつネットワークシステムの基礎検討, 情報処理学会研究報告, 2006-UBI-10(43), pp.251-256, 2006.2.
  • 荒井悟・戸田真志・秋田純一・岩田州夫, 導電布を用いたウェアラブルデバイスの機能再構成に関する検討, 情報処理学会研究報告, 2006-UBI-10(52), pp.293-298, 2006.2.
  • Masashi Takata, Kazuya Nakayama, Takatomi Izumi, Toru Shinmura, Junichi Akita, and Akio Kitagawa, " Nonvolatile SRAM based on Phase Change," The 21st IEEE Non-Volatile Semiconductor Memory Workshop, S6, 2006.2.

その他

2004年度

学術論文

  • J.Akita, Rough information processing -- a computing paradigm for analog systems, IEICE Trans. on Electronics, Vol.E87-C, No.11, pp.1177-1179, 2004.11.
  • Masashi Takata, Kazuya Nakayama, and Akio Kitagawa, "Multiple Programming Method and Circuitry for a Phase Change Nonvolatile Random Access Memory (PRAM)," IEICE Trans. Electron., Vol.E87-C, No.10, pp.1679-1682 2004.

学会発表

  • 高田雅史, 中山和也, 北川章夫, “多値相変化メモリの書換特性評価回路の設計” IEICE シリコン材料・デバイス研究会(SDM), SDM2003-233, Vol103, No.729, pp.7-12, 2004.3.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 笠井稔彦, 北川章夫, 柿本芳雄, “相変化メモリにおける多値化の実現手法と回路設計” IEICE 総合大会, 2004.3.
  • 山本佑輔・秋田純一, セルオートマトンを用いた超高速物体検出機能をもつVisionChip?アーキテクチャ, 画像の認識・理解シンポジウム2004(MIRU2004)予稿集, pp.II-447-451, 2004.7.
  • J.Akita, M.Toda, K.Kimura, Handy Meteorological Observation System for Hands-on Study, Proceedings of the 8th World Multiconference of Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI2004), Vol.X, pp.155-159, 2004.7.
  • J.Akita, K.Ito, I.Gyobu, K.Kimura, A.Mihara, R.Mizuno, J.Nakakoji, K.Yanagihara, Dynamic Lighting Sign System for Way-Finding by People with Low Vision, Proc. of 9th Int. Conf. on Computers Helping People wih Special Needs (ICCHP2004), K.Miesenberget et al.(Eds.), Computers Helping People with Special Needs, LNCS3118, pp.450-453, 2004.7.
  • M.Okamoto, J.Akita, K.Ito, T.Ono, T.Takagi, CyARM- Interactive Device for Environment Recognition Using a Non-Visual Modality, Proc. of 9th Int. Conf. on Computers Helping People wih Special Needs (ICCHP2004), K.Miesenberget et al.(Eds.), Computers Helping People with Special Needs, LNCS3118, pp.462-467, 2004.7.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 笠井稔彦, 北川章夫, 柿本芳雄, “相変化メモリにおける多値化の実現手法と回路設計” IEICE電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 泉貴富 高田雅史 中山和也 北川章夫 秋田純一, ”相変化不揮発性メモリの書換え特性評価TEGの設計” IEICE電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 中野智崇、源貴利、北川章夫, オンチップ型マイクロディスプレイの開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 中江智、北川章夫、秋田純一, 微小物体可視化センサLSIの設計, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 橋秀明、北川章夫, 楕円曲線暗号用演算器のハードウエアインプリメンテーション, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 尾形秀範、北川章夫、秋田純一, アセンブリレベル合成法の提案と高性能化, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 伊藤久浩、北川章夫、秋田純一, 特定小電力無線規格用LNA(Low Noise Amplifier)の開発, 電気関係学会北陸支部連合大会, 2004.8.
  • 高田雅史、中山和也、泉貴富、笠井稔彦、北川章夫、柿本芳雄, 相変化メモリにおける多値化の実現手法と回路設計, 電子情報通信学会2004年総合大会, 2004.3.
  • 橋秀明、北川章夫, 楕円曲線暗号ハードウェア化のための高速乗剰余算回路の設計, 電子情報通信学会2004年総合大会, 2004.3.
  • 岡本誠・秋田純一・伊藤精英・小野哲雄, CyARM: 非視覚モダリティによる「直感」のインタフェース, 日本機械学会2004年度年次大会論文集Vol.5, pp.299-300, 2004.9.
  • J.Akita, Rough information processing -- a computing paradigm for analog systems, IEICE Trans. on Electronics, Vol.E87-C, No.11, pp.1177-1179, 2004.11.
  • M.Okamto, J.Akita, K.Ito, T.Ono, See it by Hand-CyARM, 10th Int. Conf. on Virtual Systems and Multimedia (VSMM), pp.1194-1203, 2004.11.
  • K.Nakayama, M. Takata, T. Izumi, K. Kojima, A. Kitagawa, M. Kumeda and M. Suzuki, "Nonvolatile memory based on phase change" Proceedings of ISNM2004, pp.181-185, 2004.11. (Invited paper)
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 新村達, 北川章夫, “相変化メモリを利用した不揮発性SRAM” IEICE 回路とシステム研究会(CAS), CAS2004-79, pp.47-52, 2005.2.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 北川章夫, “相変化メモリの多値記録方式と回路設計” IEICE 回路とシステム研究会(CAS), CAS2004-79, pp.41-46, 2005.2.
  • 尾形秀範, 北川章夫, アセンブリレベル合成法, IEICE 回路とシステム研究会(CAS), CAS2004-78, pp.35-40, 2005.1.
  • 秋田純一・戸田真志, TextileNet?: ウェアラブルコンピュータ向けネットワーク基盤システム, インタラクション2005論文集, pp.235-236, 2005.3.
  • 星貴広・三島悠・秋田純一・伊藤精英・刑部育子・小野哲雄・岡本誠, CyARM: 運動感覚を活用した空間認識インタフェースとその実装, インタラクション2005論文集, pp.57-58, 2005.3.
  • 高田雅史, 中山和也, 泉貴富, 新村達, 北川章夫, “相変化メモリを利用した不揮発性SRAM” IEICE シリコン材料・デバイス研究会(SDM), 2005.3.

その他