Top / MeRLの研究目標
MeRLの研究目標

Last update on 2014-04-23 (水) 16:49:37 (1311d) | 編集 | 凍結 | 複製 | 名前変更 | 差分 | バックアップ | 添付

研究プロジェクト

担当教員からのメッセージ

MeRL(集積回路工学研究室)では、LSI(大規模集積回路)のアーキテクチャと応用システムを開発しています。つまり、LSIの内部構成と外側のシステムの両方を研究対象にしています。既存のLSIでシステムが作れるなら市販のLSIやソフトウエア開発環境を利用してシステムを開発しますし、既存のLSIやソフトウエアで実現できないシステムは、LSIの内部から設計を行い、半導体メーカで製造してシステムを完成させます。チップ上にシステムを構築することにより、動作速度や配線数の制約がなくなるため、従来にない構成や機能を持つシステムが実現できます。また、従来大掛かりなシステムだったものが数mmのサイズになることがあるため、新しい応用法も開拓できます。

一般に、LSI内部の設計をゼロから行うためには、最先端の半導体技術に関する知識、設計技術の蓄積、および数学や物理の知識が必要ですので、実用レベルのLSIを開発できる大学の研究室は、あまり多くはありませんが、今までにない新しい機能を創出する可能性が高くなります。一方、既存の集積回路を用いた応用システムの開発では、資料を集めて頑張れば、努力に比例して良いものが作れますが、開発したシステム自体に新規性はなく、技術の適用対象のほうに意義があります。このため、ハードウエア/ソフトウエア設計の知識だけではなく、意表を突く使い方を発想することがポイントになります。

MeRLでは、LSIの中と外両方の知識と技術を組み合わせることにより、新しいLSIの機能と同時に、LSIの使い方を追求しています。このため、普段から基礎から応用にわたる広い視野を持ち、常に見聞きした話は何かに利用できないかと考える姿勢を重視しています。 MeRLは、2000年以降に集積回路分野に本格的に参入した比較的新しい研究室です。既に、多くの卒業生が、半導体メーカ、自動車やセットメーカなどの研究開発部門で活躍しています。回路/CADマニア, ハードウエアハッカーになりたい人、単なるお勉強ではなく、新しいシステムや概念の実用化を目指す学生は、是非MeRLの仲間になってください。

kodatsuno2.jpg
disp.jpg
layout.jpg

添付ファイル: filekodatsuno2.jpg 1201件 [詳細] filelayout.jpg 10029件 [詳細] filemix.jpg 5028件 [詳細] filedisp.jpg 9853件 [詳細] filedesign.jpg 9799件 [詳細]